2011年8月アーカイブ

にんにくと玉ネギの炒めを作って週2回は食べて夏バテを乗り切りました。ニンニクに入っているメラノイジンという物質は体内の細胞がさび付くのを防ぐ抗酸化物質で、血管を若々しく保ち高血圧や動脈硬化の予防に役立ちます。又玉ネギは硫化アリルという物質を含んでいますが、これは血管壁にコレステロールが沈着するのを防いでくれます。これを週に2回食べましたので、気力が充実した夏をすごす事ができました。

冷やし中華の事

余り暑いので普通のラーメンは食べる気にならなくて、冷やし中華をたべました。そこは以前は中華飯店でしたが2年前に改装して焼肉を半分の席にしました。でも調理人は同じ人ですから味は変わりません、冷やし中華もちゃんとした調理人が作っているので美味しかったです。冷やし中華の決めては「タレ」ですが、このタレの酸っぱさが強すぎたり甘すぎたりすると台無しになります。その点このタレは美味しい味でした。

夏ばて対策に

油揚げ納豆という我家の料理があります。暑い夏 食欲が無くなった時に簡単の作って食べられます。それは納豆の醤油かけて油揚げに詰めてフライパンで揚げるのです。油の力で一味変わって美味しく食べられます。納豆には納豆キナーゼという成分があり、それは血液をさらさらにする効果があります。暑い夏に和食の味を食べてかつ身体に良い大豆成分で、血液もさらさらで健康にも良いので一石二鳥です。

腰痛の原因

二本足で立つ人間にとって、腰痛は宿命ともいえる悩みを抱えた事になります。重い頭や、上半身を真っ直ぐ支えるために腰には大きな負担が掛かります。人間の背骨は重みを支え、重力を軽減する為にS字形をしています。そして下半身を自由に動かす為の基点が腰になっています
両手が自由に空いている構造になっているため、人類は発展したと言われています。ですからすべて基点となる腰に負担が掛かり痛みの原因となります。

3.5牛乳アイス

コンビニに寄ってあまり暑いのでアイスを買おうとケースを覗きました。そしたら地元の乳業メーカーのと同じ名前が書いてあるアイスがありました。
その乳業メーカーは私の街の牛乳屋さんなので、まさかアイスのケースにあるわけがありません。しかしその牛乳アイスを買って袋をよく読んで見るとそのメーカーの牛乳を使って、地域限定で作ったと書いてありました。それは牛乳のまろやかで濃い味がしてとても美味しかったのです。

野菜直売場が出来た

野菜直売場が郊外にありましたが、そこが繁盛して引越ししたのです。はじめの建物は大型テントで出来ていました、夏はクーラーが無く中は蒸し風呂のようでした。でも農家が直接持ち込んで、管理者が一定のマージンを掛けるので安いのです。いつも満員でしたが儲かったと見えてショッピングセンターの駐車場に新築して引越しました。今度はクーラーもあるようです。大きなスーパーもありますが、安いのでお客さは寄っているようです。

垢すりコーナーに行ってきた

大型入浴施設に行ってきましたが目的は半年に一遍の<垢すり>です。このコーナーはどういう訳か「ブラジル人」の垢すりの人がいます。
多分全国的な組織で人材を供給しているのだと思います。だから決して前の人が残っていません。専門の人にやってもらうと、恥ずかしいくらい垢が出ます。3000円もするので頻繁に行くわけにはいきませんが、半年に一遍くらい自分にご褒美だと思ってメンテナンスをしてもらいます。