2011年4月アーカイブ

蒟蒻効果は抜群です

蒟蒻はそのほとんどが水分で満腹感を味わえます。食物繊維で出来ていますからほとんどエネルギーの無い食品と言えます。蒟蒻の食物繊維はグルコマンナンという水溶性食物繊維です。グルコマンナンは腸内でどろどろに溶け一緒に食べたものを絡めとります。そのため糖質の吸収を遅くして食後の血糖値の急上昇を抑える効果があると言われています。だから栄養価の高い納豆を蒟蒻と混ぜて食べるようにしています少ない量で満腹感を得られます。

キノコパワーで血糖値を下げる

舞茸は安い食材で、スーパーで簡単に手に入ります。きのう舞茸を買ってきて天ぷらにしました。キノコ類は糖尿病や癌、肝炎などの生活習慣病の予防と改善にも効果があるといわれています。その中でも舞茸は腸での糖の吸収を緩やかにして、効率よく血糖値を下げます。
またインスリンの材料となるマグネシウムや亜鉛などのミネラル類もたくさん含んでいます。舞茸は安いので週に2回は舞茸の天ぷら、煮物に混ぜて食べるつもりです。

東北新幹線回復

震災の一つの象徴でもある東北新幹線が今日開通したそうです。一時は新潟まで新幹線で行って、そこから仙台行きのバスに乗る人を多く見かけました。それも過去の事になり東北道が全通して、今度は新幹線が全通しました。これで人の流れは一応東京と結ばれたわけで仙台地区の人はホッとしたでしょう。東京と結ばれて居ないのは、何かと不便なものです。すべての物資・情報・そして親戚・兄弟が関東圏にいる事が多いと思います
大動脈の新幹線・高速が開通した事は、復興復旧に弾みがつくことでしょう。

アルコールと肝硬変の関係

どのくらいの量がアルコールの飲みすぎになるのでしょうか、それは500ミリリットルの缶ビールか大瓶ビール1本、日本酒1合、ウイスキーシングル2杯、グラス200のワインなどいずれか1種類毎日飲んでも肝臓の障害は起こりません。でも是をこえて毎日10年も15年もビール4?5本飲み続ければ肝硬変になるのは間違いないと言われています。ただ個人差があるのは否定できません。酒を飲まなくても甘いものが好きで、運動嫌いだと肝臓の細胞に脂肪が溜まって肝硬変を起こしますが私は危なそうです。

安曇野の思い出

信州安曇野にむかし行ったことがあり、北アルプスの常念岳が直ぐ見えて湧き水でわさびを作っていて風光明媚なところです。いまNHKの朝の連続ドラマ「おひさま」は安曇野が舞台です。安曇野の国民宿舎に泊まり、翌日は自転車を借りて「禄山美術館」をみたり「大王わさび園」に行ったりしました。NHKドラマでは小学生が常念岳に登山をしていましたが、多分実話で昭和初期の学校では2千M級の山に小学生で登らせたとビックリします。

疲労回復にイチゴ酒を作った

適量のお酒は疲れを取りますので、イチゴを加えてイチゴ酒を作りました。イチゴは果物のなかでもビタミンCの含有量が多いので健康にも良いしまた今のシーズンはスーパーに行ってもイチゴは大きな売り場をとって一番のお勧め商品です。豊富な糖分とクエン酸も含まれているので疲労回復と美容にも良いようです。イチゴを氷砂糖とホワイトリカーの瓶に入れてイチゴ酒を作りました。特に見た目も赤く美味しそうに感じます。今晩はイチゴ酒で楽しみます。

桜の楽しみ方

隣りにある県立公園は桜見物でいっぱいの人でした。家族づれがシートを敷いてお弁当やら、ビールを持ち寄って楽しげな宴会が始まっていました
今年は例年より<馬鹿騒ぎ>をする人が少ないようで、静かに楽しく食べているようです。わたしにとって日常の散歩コースですが、桜の名所でもあります。遠方より人が来ているようです、わたしの家の前まで駐車していますが1年に一遍のことですから大目に見ています。
桜は日本人にとって特別な花ですから、みんなで楽しみたいと思っています。

枇杷の葉健康法

我家には大きな枇杷の木があります。枇杷を毎年食べるのですがそのほかに「葉っぱ」の利用方法があります。枇杷の葉は古くから様々な薬効が知られています。胃潰瘍、慢性胃炎そして我家の御祖母ちゃんは捻挫の時に枇杷の葉を湿布に貼ってくれました。それで枇杷の葉をお茶にしてみました。琵琶の葉を裏面に付いている毛をふき取って、鍋に入れ弱火で煮詰めます。そしてその後砂糖を入れれば出来上がり。
夏の暑気あたりにも効くというので試して見ようと思います。

ゴルフの新星現れる

ゴルフにまた新星があらわれましたね、石川遼君と同学年の松山英樹です。 アマチュアながら堂々の27位とはビックリです、27位がどれくらい難しいか素人の私にはわかりませんが、石川と同じ19歳だそうです。これからもうゴルフは若年層が活躍する時代になったのかもしれません。
中年の昔有名な選手は活躍をききませんが、どうしているのでしょう。野球も大学ルーキーが今年は出てきそうな気配です。こんな若い人達が活躍するとスポーツも面白くなってきますね。

大輪のバラ

庭の草むしりをしました、まだ肌寒い今日この頃ですがそろそろチュウリップが芽をだしています。植物は正直に季節を覚えていてその頃には間違い無く時を知らせます。ゴールデンウイークにはチュウリップが満開になるでしょう。バラも芽を貯めています6月には咲きはじめます。
我家の玄関のバラは園芸店で50センチくらいの苗木を買ってきたのですが、今は3メートルにもなって玄関でアーチを作るまでに成長しました。
正直なもので、秋にお礼肥えをやると春には大輪の花を咲かせます。

ゴーカート場

散歩コースにゴーカート場がありますがここは小さい時良く連れてもらって来た所です。ゴーカートは日曜だけやっていますが1周5分くらいの小さなゴーカート場です。平日は無人なのでコースを歩きますトンネルがあったり、S字カーブがあったり昔を思いだしました。コースの真ん中の3メートルくらいの高さの鳥ゲージがあります。みんなに忘れ去られたような鳥カゴを覗くと1羽の孔雀がいました。孔雀は忘れ去られても関係ないと言った風に無心に餌さを啄ばんでいました。 無人なので市職員が一日に1回餌さをやりに来るのでしょうか。

メガフロートがやって来る

メガフロートが静岡を出発したというニュースが載っていました。 昼は友人と久しぶりに喫茶店でハムサンドを食べました。昼の話題はまだ福島原発のことでした。 乳業メーカーに務める友人は何時放射線の風評被害が自分の会社に襲い掛かってくるかわかりません。同業社で出荷停止になったところもあるそうです。メガフロートは1万トンもある浮き遊戯施設です。要するに8000トンは水を入れても浮いているのでしょう。東電にとって喫水線の浅い願ってもない<船>です。乳業メーカーでなくても、福島原発の災害は一日も早く収まって欲しい問題です。

隣りの公園の効用

雲ひとつ無い晴天の中あまりも気持よいので散歩に出かけました。六百平方メートルほどの芝生の張り替えも終ってロープがはり巡らしてありました。4ヶ月ほど養生するので歩けるようになるのは8月ころでしょう。私の家の隣りの公園は1万坪くらいある大きな規模ですので人が多く来ます。
毎朝散歩する人夕方は犬の散歩で10組くらいが、犬を中心に世間話に花を咲かせています。自動車で犬を乗せてやってくるのでよっぽど魅力があるのでしょう。そんな傍にに居ていつでも散歩できるのに散歩に出るのは週3回程度でもったいないと思っています。