2011年2月アーカイブ

図書館の本探し

市立図書館は街の中心部の駅の近くにあります。 ですから駅までバスに乗って行って、そこから歩いて10分です。
ところが県立図書館は市の端の湖の傍にあります。 ですから少々不便ですが、その分景色は抜群です。冬は白鳥が飛来して眺めることもできます。夏は湖畔の森陰に涼しい風が吹き、セミがめいっぱいに鳴き素晴らしい環境です。 だた小説が少なくてもう4年も通っていると、だいたい読みたい本は読み尽くしました。 このあいだは急いで閉館間際の3冊借りたら、3冊とも読んだ事のある小説でした。
これでわかったのですが、自分は同じ趣味で同じセンサーで本を探しているんだという事です。

子持ちカレイとイチゴのサイズ

スーパーで「子持ちカレイの煮付け」を買ってきました。 この間買ってきたら美味しかったので、また買う気になって早朝スーパーに行ったら売れ残りがありました。 
売れ残りでもなんでも味はそんなに変わらないからいいのです。
このスーパーにしか売っていなく、探し回るのが面倒だったので直ぐカゴに入れました。 あとイチゴの小粒350円、今のイチゴは巨大になりすぎて困ります。
と言うのは一パックの総量は同じで巨大になった分数が減っています。 細かい事言うようですが、いままでの標準サイズが食べる時も、回数も丁度いいのです。 
巨大イチゴは流行でしょう 私はこの流行には付いて行かないで小粒(普通)にします。

散歩用の靴

散歩用の靴が2足ありますが、1足は茶色、もう一つは黒です。 靴底が登山シューズのように波があり、雪が降ってもすべりにくく土でも大丈夫です。 
この靴が気に入っていつでも履いていますが、会社用ににリーガルもあります。しかし時々面倒になって会社にもこのウオーキングシューズを履いていきます。
「お前登山靴を履いているんか」と会社の人に見つかって言われた事がありました。
しかしこの丈夫な歩き易い靴はやめられません。 それが茶色の方がかかとの皮が切れてきました。 「ああ惜しいな この靴はまだつかいたいのに」 と思って2、3ヶ月履くのを止めていました。 
先日の日曜日いいことを思いつき、接着剤でくっ付けることにしたのです。
縫い目は素人には手に負えませんので、裂け目ごとくっ付けました。 
それがうまくいったのです またこのシューズは私の友です。

焼きショウガを作った

最近の食品にショウガが含まれているものが多くブームになっています。 ショウガを取ると血液や身体の各機関を暖めるといいます。
冷え性の人も家族にいるので、焼きショウガを作ってみました。
作るといっても、簡単な作業で済みます。
まずショウガを下ろし金ですり、そしてそのショウガをフライパンにアルミホイルを敷いて乗せて焼くだけです。 
一般のショウガを食べるだけでも、身体の体温をあげますが、焼くと一段と熱く身体が変化するようです。
冷え性の家族には喜ばれています。

古いテーブルを燃やした

薪ストーブの季節も残りすくなくなったので、一冬とってあったテーブルの残骸を燃やす事にしました。
春に捨てれば大型ゴミになります それで電気のこぎりを持ち出して15センチくらいの短冊に切りました。
そして燃やしたところ、張りぼてなので直ぐ燃えますが だけど火力は「楢材」の半分です。 大型ゴミが燃えて燃料になるのですから儲けものです。 このテーブルは切ったら中はダンボールでした はりぼてテーブルですが、色んなことを処理した思い出があります。
それもみんな炎となって、やがて灰になっていきます。 役立ってくれてありがとう

インスタント珈琲の飲み方

いつもインスタント珈琲を飲んでいます。 小さじに軽く1っパイで丁度いいのです これ以上入れると苦くて味が悪くなります
そして<甘味料>は 味の素のパルスウィートです これも小さじ1/3で良いのです。 ものすごく甘いので、入れ過ぎると
砂糖湯を飲んでいる雰囲気になります。
このインスタントコーヒーは目柄は一番安いものを飲んでいます。 あまり味が判らないのでわたしにはこれで丁度いいのです
それが今日最後の一匙をいれました。 「ああ?ついに全部飲んでしまったか」 実はインスタント珈琲は今まで時々のんで
最後まで見届けたことは無かったからでした。 むかしはもっと銘柄品をありがたがりもせづチョッと飲んで残りは湿気て捨てて
いたからです。

またゲオで5枚セットで1000円のセールを利用してCDとDVDを借りてきました

今回借りたのはDVDが

・リアル鬼ごっこ2

・アデル ファラオと復活の秘薬

CDが

・TINY BUBBLES(SOUTHERN ALL STARS)

・うれしくって抱き合うよ(YUKI)

・BEAM OF LIGHT(ONE OK ROCK)

です。

 

「リアル鬼ごっこ2」は先週「1」見たら面白かったので、「2」を借りてきました。

「佐藤さん」可哀想ですねぇ

サザンはMDしか持ってなかったタイニィバブルス借りました。
このアルバムは
・タバコ・ロードにセクシーばあちゃん
・涙のアベニュー
など比較的渋い曲が多く好きなアルバムで好きです。
弾き語りなどでやっても面白い曲が多かった記憶があります。

YUKIはジュディマリしか聴いたことがなかったのでソロも聴いてみようかなと思いました。
結構昔からいるのに、今の若い女の子にもファンが多いらしいので気になっていました。
その点はaikoも似てるかなと。

これでしばらくは楽しめそうな気がします。

薪ストーブの予定

今日は薪ストーブを点けました このところ暖かい日が続いて薪の残量から見て、平日にも焚いてもいいなと目途が立ったからです
普段は寒くても石油ストーブで我慢していましたが、もう一番寒い日は過ぎてしまいました。 
今日は10日、あすは11日です 寒い日があってももう2?3日です。 そうすると薪が来冬まで持ち越してしまう可能性が高くなりました。
それで去年は薪を20束くらい残して、夏の片付けの邪魔になりました。
その失敗に懲りて、今年は節約せずにどんどん燃やして行く事にしたのです。

ショウガの効用

風邪ぎみだったので昨日は早く寝ましたが、なかなか寒くて寝付けません。 夜中に起きて「葛根湯」を飲みました この薬は
ショウガが入っていて身体を暖かくするのだそうです。
ショウガはその辛味と匂いに発汗作用と解熱作用があると聞きます。 身体を暖める働きと胃腸を整える働き、のどの痛みを鎮める
働きがあるといいそれで 葛根湯を買ってきて飲んだのです。 よく朝になったら 風邪は治っていました。

小説「阪急電車」を読んで

小説「阪急電車」を読んで、導入部分で先ず引き込まれる。 この下地は野口五郎の「池上線の走る町に・・・」 と歌った歌謡曲にあります
都会のそんな洒落た私鉄沿線の駅を想像して小説を買ってしまいました。
主人公の一人  {「雅志」が宝塚から隣り合わせて座った女性は、雅志の側から一方的に見覚えのある人だった}と言って始まります。
{今津線から阪急宝塚線に乗換えて一駅の清荒神駅(きよこうじん)に、宝塚中央図書館がある。}という文章に<きよこうじん>と
他所の地方では馴染みの無い駅名が出てきます。 
これを見て行って見たいと思ったのです。 この小説でこの駅が気に入って引っ越してくる「小林駅」、"おばやし"と読むのだそうで
映画では中谷美紀が演じて"おばやしえき"に途中下車します。 関西テレビの演出者が力を入れた映画が完成します。

地方の大型書店

昨日の土曜日に近くの「大型書店」に行ってきました。 そこは何万冊か何十万冊か知りませんが、ありとあらゆるジャンルの書籍が揃っています。 
こんなに揃えて大丈夫だろうかと思ってしまうほどです。
利用する者としては嬉しい限りですけどね。

だけど人はそんなに入っていないようで、こちらが心配しています
と言うのは、そういう書店の存在がわが町の文化水準を上げてくれている、と思うからです。

千葉県の佐倉に住んでいる弟にある本を紹介したら
「近所の書店にあるかな?」
と微妙な返事です。
「八重洲ブックセンターかな いやあそこは狭いからなあ?」
と考えています。 
大量に本を置く事が出来るのは、地方で土地が安いということも大きいのでしょうね。

ヒレカツの判定

スーパで買ったヒレ肉のトンカツは完全に失敗でした 中身は1/3しかなく最後の尻尾の方は衣だけで入っていません。
あまりの衣の厚さにびっくりしています これは地元の有名スーパーなので文句を言いに行こうかとも思いましたが、ここで買い物しないわけにはいきません。
消費者を騙して、食後直ぐ判ることなのに何を考えているのでしょうか。 きっとたまたまそういう出来になってしまったのだと信じたいです。。

ガクランの青春

北国の変わりやすい天気です 午前中晴れだったのに今2時、雨が降ってきました。 私らの地方の格言に「弁当忘れても 傘忘れるな」と言います。 
その通りで 春夏なら朝快晴で昼から雨が降る事は稀ですが、冬のこの時期天気が急変するのです。
地元の人は慣れたもの、快晴でも傘をもって出かけて行きますが高校生は不思議です。 傘を持たない、コートを着ないのです
きっと彼等のファッションなのでしょう
雪が降って凍えそうな時でもガクランのまま通学します。
自転車で雪が降ってもそのまま行くのですが、学校に着いてからビショ濡れのガクランで授業を受けるのでしょうか??
若いということは、無謀な事をします それが通る青春でもあるのだと懐かしく眺めています